キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 レンタルサーバーの種類について : レンタルサーバー比較徹底知識

レンタルサーバーの種類について

レンタルサーバー比較徹底知識のメイン画像

レンタルサーバー比較のサイトには、サーバーの種類や口コミ情報、費用なども記載されていて比較できるのでとても参考になります。

レンタルサーバーの種類について

レンタルサーバーと言っても、いくつかの種類があります。

それぞれの違いを理解し、どれを使えば良いのかを判断しましょう。

それぞれの特徴をご紹介します。

《共用サーバーとは》

共用サーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有するものです。

サーバーの設定、運用はレンタルサーバー会社が行ってくれます。

料金は共有する人たちと分けるため安価なのですが、個別でサーバーの設定を変更できないのでやや不便です。

《専用サーバーとは》

専用サーバーは、簡単に言うと1つのサーバーを1人が独占して使えるというものです。

契約者の思うように設定できるため自由度が高く、共用サーバーよりも性能が高いです。

しかし、サーバーの設定や運用は自身で行わないといけないので専門知識が必要になります。

《仮想専用サーバー(VPS)とは》

専用サーバーと共用サーバーを合わせたようなもので、1台のサーバーを複数人で共有するのですが、1台のサーバーの中で契約者ごとに区切り、1つのサーバーのように仮想化されて提供されているので専用サーバーと変わらないというものです。

これらの3つのサーバーと比べて一番新しいのがクラウドサーバーというものですが、仮想専用サーバーよりも高機能なものです。

レンタルサーバー比較のサイトにも、これらのサーバー別の費用などが掲載されていますので、参考にしましょう。

レンタルサーバー比較サイトは、それぞれのサーバーの特徴や口コミもまとめてありますので大いに参考になります。